TEL:03-3488-1103

〒201-0014
東京都 狛江市 東和泉1-21-3

狛江市、和泉多摩川、喜多見の産婦人科。授乳相談、妊婦検診、各種予防接種にも対応

Q&A

Q&A ご質問はこちら
インターネット予約
Mobile Site

上のQRコードを読み取ると
保坂産婦人科クリニックの
モバイルサイトが
ご確認いただけます。

新生児

婦人科

産科

PageTopへ戻る

Q.母乳だけでは足りていないのではと心配です。

A.授乳と授乳の間隔はどのくらいあきますか。
1時間半ほどあけば、母乳は結構な量のめていると思われます。
ご心配あるようでしたら、1度赤ちゃんの体重測定と母乳測定を受診して下さい。

Q.呼吸の時にずっと鼻をズコズコならすのですが、鼻がつまっているのですか。

A.新生児にはよく見られることですから心配ないでしょう。
ただし息苦しい様子であれば、小児科の受診をおすすめします。

Q.げっぷが上手くでません。大丈夫ですか。

A.授乳後5分程はげっぷがでるようにたて抱きして下さい。
それでも出ない場合は吐くことがあったり、お腹がはりやすくなっていたり、
おならが増えたりします。
お腹がはってつらそうな時は、の字マッサージなどをしてあげて下さい。

Q.沐浴後はミルクか白湯を飲ませたほうがよいですか。

A.生後6ヶ月までは完全に母乳だけで大丈夫です。
その後離乳食をあげながら母乳育児を続けて下さい。
果汁、お茶、スープなども必要ありません。

Q.母親がお薬を飲まなければならないのですが、母乳はやめたほうがよいですか。

A.授乳中でも治療のために薬が必要なことがあります。処方される薬の大部分は授乳を継続できます。医師に授乳中であることを伝えて下さい。
薬は飲んだあと徐々に血液や母乳に移行していき、薬物濃度が最高になるのは2~3時間後なので、薬の服用直前あるいは直後に授乳をすれば、赤ちゃんへの影響を少なくできます。

Q.抱っこしていないと泣き止まないのですが・・・。

A.赤ちゃんの哺乳、うんち、おしっこなどはよくでていますか。
体温、室温などは問題ないか確認してみて下さい。それらが問題なければまず心配はいりません。
泣き止まないことで不安になることも多いので、まずは落ち着いて、ゆったりした気持ちで抱っこしてゆっくり歩くなどが有効なことが多いです。手足が落ち着くようにおくるみでほどよく包んであげることもよいです。誰かにサポートしてもらったり、相談にのってもらったりしてみることも大切ですね。

Q.母乳の飲みはよいのに、3日間便が出ないのですが・・・。

A.排便回数が減っても赤ちゃんがいつもと変わらない場合は、心配する必要はありません。
ただしうんちが出ない状況が長くなると病気(便秘症)になることもあります。
お腹がはっていないか、嘔吐が増えていないか、哺乳後に不機嫌なことが多くないか、便が出ない、いきみが多くないか、などいつもと違うときは小児科を受診しましょう。

PageTopへ戻る

Q.診察は子ども連れでも大丈夫ですか。

A.お子様連れでも大丈夫ですが、診察の内容によっては、当院スタッフがお子様をお預かりすることもあります。

Q.不妊治療はしていますか。

A.タイミング療法やクロミフェン服用までの治療のお手伝いをしております。
年齢によっては不妊治療専門の医療機関をお勧めしています。

Q.旅行に行くのですが、生理をずらせますか。

A.お薬を処方することでできますが、ご旅行の時期や期間に応じて飲み方が異なりますので、一度受診してご相談下さい。

Q.避妊に失敗したのですが、ピルはもらえますか。

A.緊急避妊用ピルを処方できます。72時間以内に内服しなければなりませんので、受診して下さい。

Q.人工中絶はできますか。料金はいくらですか。

A.人工中絶手術には応じておりますが、週数などにより料金は異なりますので、受診時にお問い合わせ下さい。

PageTopへ戻る

Q.つわりがひどいのですが、治療できますか。

A.つわりは多くの妊婦さんにみられる症状で、ほとんどの方は16週ごろまでによくなります。
食べられるものを食べられる時に、食べられる量で召し上がるようにして下さい。
嘔吐が激しく水分もとれない場合や体重が減少してくる(5%以上)場合、点滴の治療をすることがあります。

Q.妊娠中ですが、旅行に行ってもいいですか。

A.お腹のはりや出血がなく、医師からとくに注意されていることがない場合、自己責任で行く方もいらっしゃいます。旅行先で何かあった場合のことも考慮して決めるようにして下さい。

Q.妊婦ですが、痛み止めやかぜ薬をのんで大丈夫ですか。

A.妊娠12週までは原則、薬の使用は避けることが望ましいのですが、治療上有益性が危険性を上回ると判断される場合は、薬を使用することもあります。
必ず主治医に相談して下さい。

Q.出血したのですが、大丈夫ですか。

A.出血の色、量はどうですか。お腹のはりはありますか。
20週以降の方は胎動はありますか。
まずクリニックへ電話連絡をしてください。

Q.4Dエコーのみみてもらうことはできますか。

A.4Dエコーのみの診療は行っていません。妊婦健診時に4Dをみています。

Q.里帰りの時期について教えて下さい。

A.34週の妊婦検診はこちらの病院で受診して下さい。
妊娠経過中に高血圧やむくみ、さかごなどがある場合はそれよりも早く里帰りして下さい。

PageTopへ戻る

Q.計画分娩できますか。

A.時期、体調により、ご相談に応じます。受診時ご相談下さい。

Q.無痛分娩、和痛分娩はしていますか。

A.当院では無痛分娩、和痛分娩は行っておりません。

Q.会陰切開は必ずするのですか。

A.必ずというわけではありませんが、場合によっては切開いたします。
その際には説明があります。

Q.夫や母、上の子の立会い分娩はできますか。

A.ご主人の立会いのみ可能です。ご家族は産婦の処置が終わり次第、分娩室に入り面会できます。

Q.家族が泊まることはできますか。

A.お産後に体調がよければ、個室に限り、お子様のみ泊まることができます。ご相談下さい。

Q.おっぱいが赤くて痛いのですが・・・。

A.乳腺炎かもしれません。まず調子の悪い方のおっぱいから飲ませるようにしましょう。痛みが強ければ軽く冷やしてみて下さい。受診をおすすめします。

Q.卒乳したいのですが、みてもらえますか。

A.卒乳のマッサージをしています。まず卒乳した日から3日後ぐらいにマッサージを受診して下さい。前日夕方までに電話連絡をいただくと助かります。

Q.しばらく妊娠したくないのですが、避妊リングは入れられますか。

A.産後2ヶ月頃より可能です。受診してご相談ください。
料金は4万5千円から8万円で、器具の種類や使用年数により異なります。


PageTopへ戻る